業者別に見る特徴

太陽光発電システムは、以前は設置にかなりのコストがかかり、環境に優しいことはわかっていても、一般家庭では導入に踏み切れませんでした。近年では研究、開発が進み、かなり手ごろな価格で設置が可能となっています。安定したエネルギーの供給が可能になり、公的な補助金も受けられるようになってきました。

「太陽光発電システムを導入して良かった」と満足するには、最適なメーカーを選ぶ必要があります。

しかし、導入をご検討する際に、ほとんどの人が「何を検討の基準にすればよいか」がはっきりとわからず、結局「大手のメーカーで金額が安い」で選択してしまう人が多いようです。

メーカー選びに参考にしてもらうべく、メーカーごとに簡単に特徴をまとめました。

シャープ

1Wあたりの単価が一番安い。
パワーコンディショナーに昇圧機能付き接続箱が内蔵されており、昇圧ユニットや接続箱が必要ない。 ⇒安さが特徴

京セラ

SAMURAIシリーズでは屋根を葺くように小型の太陽電池を設置することになります。
屋根の形状に関係なく隙間なくぴったり収まるため、美しく設置できます。 ⇒屋根の形状に関係なく設置できるのが特徴

三菱電機

パワーコンディショナは高い変換効率(最大97.5%)が特長となっている。
限られたスペースを有効活用可能で、少ない枚数での設置に適している。 ⇒少スペースでの設置に最適

三洋電機

モジュールは他社と比べて高価担っているが、変換効率が高いため、同じ面積でもより多くの電気を発電することが可能になっている。 ⇒狭い場所で多く発電可能なのが特徴

どこのメーカを選ぶかは慎重に検討しましょう。

太陽光発電の見積もり比較