ソーラー発電について詳しいことを教えます

ソーラー発電(太陽光発電)は、太陽電池を用いて、太陽光エネルギーを電力に変換する発電方式のことを言う。
再生可能エネルギーの一つであり、太陽エネルギー利用する形態のひとつである。

導入コストが高めであるが、昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減できるという特長を有する。
近年の競争により性能が向上しており、設置や保守が容易であるなどの利点や、低炭素社会の成長産業としての将来性が見込まれ、近年、需要が拡大してきている。

ソーラー発電(太陽光発電)は昼間のみ発電するが、従来の集中型電源とは異なる特徴もある。
欠点として、商用電源としての導入コストが比較的高く、価格低減や普及促進の政策を採っている国も多い。

長所と短所を見てみよう

■長所
  • 必要な場所に設置可能なため、送電のコストやロスを低減することができる。
  • パネルに利用されている素体の寿命は半永久的。
  • 機械や電機部品の交換によるリサイクルが可能。
  • 可動部分ほとんどないので、メンテナンスの必要がない。
  • 発電に石油燃料なども不要。
  • 規模により効率は変らないので、必要に応じた規模で導入可能。
  • 設置に必要な条件が少なく、設置可能面積は広い。
  • CO2などの温室効果ガスを排出しない。
  • 日中に発電するので、昼間の電力需要に充てることができ、電力削減に効果がある。
■短所
  • 導入時のコストが高い。
  • 発電電力が天候に左右される。
  • 装置の重量により屋根に過大な負荷がかかる。
  • 夜間は発電できず、蓄電ができない。
  • 装置を設置する土地が必要。
  • 設置面積当たりの発電量が既存の発電方式に比べて低い。
太陽光発電の見積もり比較