'; $marquee='
'; $start_tag='
'; $end_tag='
'; $small='
'; $right='
'; $footer='
'; } else { $wrapper_tag='
'; $marquee='
'; $start_tag='

'; $end_tag='

'; $mlist_start_tag='

'; $mlist_end_tag='

'; $line='
'; $area_navi='
'; $area_navi_end='
'; $small='
'; $small_s='
'; $right='
'; $footer=' 教えて!ソーラー発電 $small ソーラー発電(太陽光発電)は、太陽光エネルギーを利用し、太陽電池が発電した直流電力を、パワーコンディショナーにより電力会社と同じ交流電力に変換することにより、家庭内の家電製品に電気を供給するものです。

太陽光発電システムでは電力会社の配電線とつながっており、発電電力が消費電力を上回る場合は、電力会社へ逆に送電することにより、電気を買い取ってもらうことが可能なのが最大のメリットです。

反対に、天候に左右されやすく、曇りや雨の日など発電した電力では消費電力に足りない時や夜間などは、通常通り電力会社の電気を利用することになります。

あまっている場合は電力会社に買い取ってもらい、足りない場合は電力会社の電気を利用するなどのやりとりは自動的に行われるので、日常的に必要な操作は一切ありません。

太陽電池の原理

1.太陽光が半導体にあたると、「+」と「-」が発生する
太陽電池は半導体からできている。半導体の原子は、太陽光があたると「+」と「-」に別れる性質があるためである。この「+」と「-」の発生が、発電するための第1段階となる。

2.太陽電池の半導体は、2種類に分けられる
「+」と「-」が発生しただけでは、まだ電気はつくられない。乾電池のように、「+」と「-」を両極に集中させる必要があるのです。
太陽電池の中の半導体は、「+」が集まる「P型半導体」と、「-」が集まる「N型半導体」の2種類があります。

3.「+」と「-」が、別々の半導体に集まる
「+」は「P型半導体」に、「-」は「N型半導体」に集まります。こうすることで、「+」と「-」が両極に分けられ、乾電池のように電池として機能する準備が整うのである。「+」と「-」は、「P型半導体」「N型半導体」と別々の半導体に集まる。

4.二つの別れた「+」と「-」の間に電圧が生まれ、半導体が「電池」になる
乾電池と同じように、「+」と「-」が力局に分かれることにより、2曲の間に電圧が発生します。
「+」の電極である「P型半導体」と「-」の電極である「N型半導体」に電線をつなぐことにより、電気を取り出すことが可能になる。

ソーラー発電により電気が発生する仕組みは上記のようになります。
$start_tag サイトメニュー $end_tag $small
$start_tag 日々エコ活動 $end_tag $small 2012年09月06日
会計学をちょこっとかじってみた

2012年08月24日
ソーラーが熱いです。

2012年08月09日
自然エネルギー時代到来

2012年08月03日
100%自家発電の時代が来る

2012年07月26日
ソーラーとWi-Fiの意外な関係

$start_tag 人気サイト $end_tag $small $mseolink
$footer $analytics_tag Copyright. 教えて!ソーラー発電 All rights Reserved.
EOD; echo $mbhtml; }else{ //echo "PC縺ァ縺"; $pchtml=<< 繧ス繝シ繝ゥ繝シ逋コ髮サ縺ィ縺ッ - 謨吶∴縺ヲシ√た繝シ繝ゥ繝シ逋コ髮サ

繧ス繝シ繝ゥ繝シ逋コ髮サ縺」縺ヲ縺ェ縺ォシ

繧ス繝シ繝ゥ繝シ逋コ髮サシ亥、ェ髯ス蜈臥匱髮サシ峨ッ縲∝、ェ髯ス蜈峨お繝阪Ν繧ョ繝シ繧貞茜逕ィ縺励∝、ェ髯ス髮サ豎縺檎匱髮サ縺励◆逶エ豬髮サ蜉帙r縲√ヱ繝ッ繝シ繧ウ繝ウ繝繧」繧キ繝ァ繝翫シ縺ォ繧医j髮サ蜉帑シ夂、セ縺ィ蜷後§莠、豬髮サ蜉帙↓螟画鋤縺吶k縺薙→縺ォ繧医j縲∝ョカ蠎ュ蜀縺ョ螳カ髮サ陬ス蜩√↓髮サ豌励r萓帷オヲ縺吶k繧ゅョ縺ァ縺吶

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺ァ縺ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ョ驟埼崕邱壹→縺、縺ェ縺後▲縺ヲ縺翫j縲∫匱髮サ髮サ蜉帙′豸郁イサ髮サ蜉帙r荳雁屓繧句エ蜷医ッ縲髮サ蜉帑シ夂、セ縺ク騾縺ォ騾髮サ縺吶k縺薙→縺ォ繧医j縲髮サ豌励r雋キ縺蜿悶▲縺ヲ繧ゅi縺縺薙→縺悟庄閭ス縺ェ縺ョ縺梧怙螟ァ縺ョ繝。繝ェ繝繝医〒縺吶

蜿榊ッセ縺ォ縲∝、ゥ蛟吶↓蟾ヲ蜿ウ縺輔l繧縺吶¥縲∵寐繧翫d髮ィ縺ョ譌・縺ェ縺ゥ逋コ髮サ縺励◆髮サ蜉帙〒縺ッ豸郁イサ髮サ蜉帙↓雜ウ繧翫↑縺譎ゅd螟憺俣縺ェ縺ゥ縺ッ縲騾壼クク騾壹j髮サ蜉帑シ夂、セ縺ョ髮サ豌励r蛻ゥ逕ィ縺吶k縺薙→縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶

縺ゅ∪縺」縺ヲ縺繧句エ蜷医ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ォ雋キ縺蜿悶▲縺ヲ繧ゅi縺縲∬カウ繧翫↑縺蝣エ蜷医ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ョ髮サ豌励r蛻ゥ逕ィ縺吶k縺ェ縺ゥ縺ョ繧繧翫→繧翫ッ閾ェ蜍慕噪縺ォ陦後o繧後k縺ョ縺ァ縲∵律蟶ク逧縺ォ蠢隕√↑謫堺ス懊ッ荳蛻縺ゅj縺セ縺帙s縲

螟ェ髯ス髮サ豎縺ョ蜴溽炊

1.螟ェ髯ス蜈峨′蜊雁ー惹ス薙↓縺ゅ◆繧九→縲√+縲阪→縲-縲阪′逋コ逕溘☆繧

螟ェ髯ス髮サ豎縺ッ蜊雁ー惹ス薙°繧峨〒縺阪※縺繧九ょ濠蟆惹ス薙ョ蜴溷ュ舌ッ縲∝、ェ髯ス蜈峨′縺ゅ◆繧九→縲+縲阪→縲-縲阪↓蛻・繧後k諤ァ雉ェ縺後≠繧九◆繧√〒縺ゅk縲ゅ%縺ョ縲+縲阪→縲-縲阪ョ逋コ逕溘′縲∫匱髮サ縺吶k縺溘a縺ョ隨ャ1谿オ髫弱→縺ェ繧九

2.螟ェ髯ス髮サ豎縺ョ蜊雁ー惹ス薙ッ縲2遞ョ鬘槭↓蛻縺代i繧後k

縲+縲阪→縲-縲阪′逋コ逕溘@縺溘□縺代〒縺ッ縲√∪縺髮サ豌励ッ縺、縺上i繧後↑縺縲ゆケセ髮サ豎縺ョ繧医≧縺ォ縲√+縲阪→縲-縲阪r荳。讌オ縺ォ髮荳ュ縺輔○繧句ソ隕√′縺ゅk縺ョ縺ァ縺吶
螟ェ髯ス髮サ豎縺ョ荳ュ縺ョ蜊雁ー惹ス薙ッ縲√+縲阪′髮縺セ繧九訓蝙句濠蟆惹ス薙阪→縲√-縲阪′髮縺セ繧九君蝙句濠蟆惹ス薙阪ョ2遞ョ鬘槭′縺ゅj縺セ縺吶

3.縲+縲阪→縲-縲阪′縲∝挨縲縺ョ蜊雁ー惹ス薙↓髮縺セ繧

縲+縲阪ッ縲訓蝙句濠蟆惹ス薙阪↓縲√-縲阪ッ縲君蝙句濠蟆惹ス薙阪↓髮縺セ繧翫∪縺吶ゅ%縺縺吶k縺薙→縺ァ縲√+縲阪→縲-縲阪′荳。讌オ縺ォ蛻縺代i繧後∽ケセ髮サ豎縺ョ繧医≧縺ォ髮サ豎縺ィ縺励※讖溯ス縺吶k貅門y縺梧紛縺縺ョ縺ァ縺ゅk縲ゅ+縲阪→縲-縲阪ッ縲√訓蝙句濠蟆惹ス薙阪君蝙句濠蟆惹ス薙阪→蛻・縲縺ョ蜊雁ー惹ス薙↓髮縺セ繧九

4.莠後▽縺ョ蛻・繧後◆縲+縲阪→縲-縲阪ョ髢薙↓髮サ蝨ァ縺檎函縺セ繧後∝濠蟆惹ス薙′縲碁崕豎縲阪↓縺ェ繧

荵セ髮サ豎縺ィ蜷後§繧医≧縺ォ縲√+縲阪→縲-縲阪′蜉帛ア縺ォ蛻縺九l繧九%縺ィ縺ォ繧医j縲2譖イ縺ョ髢薙↓髮サ蝨ァ縺檎匱逕溘@縺セ縺吶
縲+縲阪ョ髮サ讌オ縺ァ縺ゅk縲訓蝙句濠蟆惹ス薙阪→縲-縲阪ョ髮サ讌オ縺ァ縺ゅk縲君蝙句濠蟆惹ス薙阪↓髮サ邱壹r縺、縺ェ縺舌%縺ィ縺ォ繧医j縲髮サ豌励r蜿悶j蜃コ縺吶%縺ィ縺悟庄閭ス縺ォ縺ェ繧九

繧ス繝シ繝ゥ繝シ逋コ髮サ縺ォ繧医j髮サ豌励′逋コ逕溘☆繧倶サ慕オ縺ソ縺ッ荳願ィ倥ョ繧医≧縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ョ隕狗ゥ阪b繧頑ッ碑シ
EOD; echo $pchtml; } ?>