オール電化とは、家庭で「火」を使用していたものをすべて電気でまかなうことが目的

これにも太陽光発電が利用されるケースもあります。調理・給湯・暖房などに一切、火を使わない暮らしのことです。
二酸化炭素などの燃焼ガスがなくなるから、安心で経済的などの多くのメリットが生まれ、将来は時代の主流となると考えられています。オール電化のメリットを生かす太陽光発電導入により最大限の効果を発揮します。

キッチンや給湯をオール電化に変えることにより、自宅のエネルギー源が電気に1本化されます。
これにより従来のガス基本料金がなくなり、月々の光熱費(電気代)はお得になります。

通常は、電気代やガス代の基本料金をそれぞれ別々に支払っていましたが、オール電化を導入すれば、基本料金は電気代のみに一本化できます。
ガスの基本料金がなくなる分、電気代を大幅に抑えることが可能です。
さらに、太陽光発電も導入することにより、自宅で電気をまかなえるので、これまた電気代が安くなります。オール電化導入の際は、併せて太陽光発電も導入するのがおすすめというのがおわかりでしょう。

例えば⇒電気式床暖房

火を熱源としない床暖房では、室内の空気を汚さずに足元から部屋を暖めてくれます。
エコキュートで温められたお湯を床暖房に利用する「ヒートポンプ温水式床暖房」では、昼間より約70%も割安な深夜電力を使ってお湯を沸かすことが可能で、毎月のランニングコストを削減できます。

寒い時期に欠かせない従来の床置タイプ暖房機では、小さなお子さまがいる家庭などでは安全面に注意が必要ですが、床暖房ならヤケドや火災に対して優れた安全性があります。火を使わないため部屋の空気が汚れたり乾燥したりすることもないのです。

従来の床置タイプ暖房機では、設置するスペースにも十分な広さが必要となっていました。床暖房であれば室内に機器が露出することもなく、スペースを必要としませんし、思い通りのお部屋のレイアウトを楽しむことが可能です。

太陽光発電を住宅に設置する場合には、補助金制度が利用可能で、導入費用の一部を補助金でまかなうことが可能です。
国や地方自治体へ補助金の申請を行うことにより、数ヶ月後に各団体より書類などが送付され、補助金が振り込まれます。

太陽光発電の見積もり比較